ウォーターサーバーは電気代よりもパックと水の種類

ウォーターサーバーは電気代じゃない!水の種類とパックだ!

ウォーターサーバーは基本無料でお水代だけなのは当たり前!差をつけるなら水の種類とパックの違いが重要です。電気代は700~1000円程度なので差はあまりありません。
 

いろいろ探しましたが価格面においては「ウォーターサーバーやメンテ代は無料、水だけのお支払いでOK!」は全社共通と言っていいです。

そして、ウォーターサーバーのおすすめを探して分かったことは…どこも似たり寄ったり!

水代が極端に安いこともありますが、ウォーターサーバー代が発生するので、トータルのコストに差はありません。

では、どこに注目するべきかを調べてみたよ!

 

水とパックとメンテ性能と温度に注目

ウォーターサーバーの違いは、水が入っているパックの特徴、ウォーターサーバーのメンテナンスの性能、水温の設定温度くらいです。水の種類については、細かく説明せずザックリ解説します。

電気代は700~1000円前後で大きな差はなく、ウォーターサーバーが高機能だと電気代も上がるというメカニズムです。

水が入っているパックは重要

ウォーターサーバーに設置する水のパックには大きく2種類あります。ガロンタイプとワンウェイタイプです。簡単に言えば回収が必要なタイプと使い捨てが出来るタイプという感じ。

そして、さらに重要なポイント「自分で縮んていくパック(エアレスパック)」であること。

ウォーターパックが縮むタイプで使い捨て出来るので便利

水が減るとパックごと縮んでいくタイプは、とても優秀です。縮まず、空気が入るということは空気中の雑菌やカビ菌を取り込んでいることになります。あまり気持ちの良い話ではありません。メンテナンスの手軽さにも繋がる部分なので大注目です!

メンテナンス性能について

自分でメンテナンスが出来るものが殆どです。サーバー内のメンテを機械が自動でやってくれるタイプもありますが、基本的には給水口などを清潔な布で拭き掃除するのが一般的のようです。

自動タイプは少し割高(水がちょっと高い)になりますが魅力的です。

水の種類について

水の種類については、多すぎるので具体的な名称などは割愛します。何を見るべきかは以下のとおりです。

ウォーターサーバーの水を選ぶ時の基準

  • 軟水・硬水(水の口触り)のチョイス。数値が小さいほど軟水により飲みやすい
  • 天然水・RO水(RO水はろ過した後にミネラルを人工的に添加)
  • ミネラルの含有量(注目バナジウム)
  • pH値(数値が高いほどアルカリ性に近づき老化防止に良い)

軟水と硬水について

軟水と硬水は呼んで字の通り、水の硬さ(口当たり)に影響します。ミネラルたっぷりウォーターだと硬水が多く、人によっては飲みにくさを感じるかもしれません。日本の水道水や天然水は軟水です。

天然水とRO水の違い

天然水とRO水の違い

天然水は、最小限のフィルター雑菌処理で出来るだけ人間の手を加えない天然のお水です。それだけ、水を汲み上げる産地にコダワリが必要になる希少価値の高い水になります。

RO水は、逆浸透膜(RO膜)で十分ろ過された水に人工的にミネラルを添加したお水です。徹底的に水を磨くので衛生面での安心度は高いです。人工的にミネラルを添加することも悪いことではありませんが、天然の響きには劣るかもしれませんね(笑)私は気にしませんw

また、ミネラルが多すぎる水は、赤ちゃんには不向きなので、そういったユーザーには人気があります。

ミネラルの含有量!バナジウムに注目

ミネラルの中でも私は「バナジウム」に注目しています

ウォーターサーバーのミネラルはバナジウムに注目したい

バナジウムは、インスリンと似た性質があり体内に摂取されるとインスリンの代わりに血糖や筋肉・内臓に取り込む触媒の働きをしてくれて、結果として血糖値を下げる効果があると研究によって明らかになりました。生活習慣病予防として大注目ですね。

バナジウムは多いほど良いですが含有量はマチマチです。市販のペットボトルだと、6.2μg(マイクログラム)/100mlくらいですね。
アサヒ飲料 富士山のバナジウム天然水 2L×6本

バナジウムの含有量が多いと売りにしているお水でも8μg(マイクログラム)/100mlくらいです。

pH値は老化防止の基準にも

ヒトの体内pH値は血液が7.4、体液は7.3~7.8の弱アルカリ性。身体にとって酸化は老化の原因になるので、飲料水も弱アルカリ性で老化防止を促進したいですね。
pHの値が高いほどアルカリ性に近づきます。飲料水の基準は、水質基準は5.8~8.6pHです。

水の温度選定について

水の温度設定の段階を設けているウォーターサーバーと固定されたものに分かれています。

ウォーターサーバーの冷水は4度くらい

冷水の最低温度は、3.5~10℃。温水は、65~90℃。

温水は放置していれば冷めるので、注目したいのは冷水の方ですね。平均6℃ですが、高機能サーバーだと3.5~4℃というものもあります。

ウォーターサーバー候補をご紹介!

それでは、実際にウォーターサーバーを列挙して機能を比べてみましょう!ご紹介するウォーターサーバーは「水代だけ」で他は無料のタイプのみです!以下は、お水代が安い順に掲載しています。独自に注目したいポイントはそれぞに記載しています!

自分にあったウォーターサーバーがあるといいですね~。

クリクラミオ

クリクラミオ

お水代:
1,188円(8リットル)
2L換算 / 297円
1L換算 / 148.5円
500ml換算 / 74.2円

お水の特徴:
天然水・pH8.2(弱アルカリ性)・軟水

タンクタイプ:
PET素材・使い捨て

バナジウム:
5μg(マイクログラム)/100ml

冷水 温水:4~10℃・75~85℃

クリクラミオのポイント

紹介しているウォーターサーバーの中で一番リーズナブルです。タンクタイプが縮むタイプではありませんが、空気中の雑菌を取り込まない様にタンクにフィルターがついているようです。市販のお水より安いのは魅力的です。

ウォーターサーバー・クリクラミオ

クリティア

ウォーターサーバークリティア

お水代:
1,890円(リットル)
2L換算 / 315円
1L換算 / 157.5円
500ml換算 / 78.7円

お水の特徴:
天然水・pH8.3(弱アルカリ性)・軟水

タンクタイプ:
軟質素材(縮むやつ)・使い捨て

バナジウム:
富士山のお水 9.1μg(マイクログラム)/100ml

冷水 温水:6℃~・87℃~

クリティアのポイント

お水代がリーズナブルなのにバナジウムの含有量が多いのは魅力的ですね!冷水温度が高めなのは気になりますが、価格とバナジウム含有量の多さはポイント高いです。

ウォーターサーバー・クリティア

うるのん

うるのん

お水代:
1900円(12リットル)
2L換算 / 316.6円
1L換算 / 158.3円
500ml換算 / 79.1円

お水の特徴:
天然水・pH8.1(弱アルカリ性)・軟水

タンクタイプ:
軟質素材(縮むやつ)・使い捨て

バナジウム:
富士の天然水 さらり 5μg(マイクログラム)/100ml

冷水 温水:4~12℃・80~90℃

うるのんのポイント

冷水温度もトップクラスで3年に1回サーバーを交換してくれます。ただ…バナジウムが他のお水より少なめです。小さなお子さんが居る家庭にはおすすめ!

うるのんウォーターサーバー

コスモウォーター

コスモウォーター

お水代:
1,944円(12リットル)
2L換算 / 324円
1L換算 / 162円
500ml換算 / 81円

お水の特徴:
天然水・pH7.7(弱アルカリ性)・軟水

タンクタイプ:
軟質素材(縮むやつ)・使い捨て

バナジウム:
富士の響き 5.8μg(マイクログラム)/100ml

冷水 温水:6~10℃・80~90℃

コスモウォーターのポイント

ウォーターサーバーとお水のランクは標準。その代わり、お掃除ロボット付きのウォーターサーバー!アイボみたいなお掃除ロボットがウォーターサーバーの下にスタンバっています!個人的に、このオプションは魅力的です(笑)

お掃除ロボット付ウォーターサーバー

フレシャス

フレシャス

お水代:
1,167円(7.2リットル)
2L換算 / 324.1円
1L換算 / 162.1円
500ml換算 / 81円

お水の特徴:
天然水・pH8.31(弱アルカリ性)・軟水

タンクタイプ:
軟質素材(縮むやつ)・使い捨て

バナジウム:
8.6μg(マイクログラム)/100ml

冷水 温水:
4~10℃・80~90℃・65~75℃(三段階)

フレシャスのポイント

個人的に一番気になっているサーバー。水タンクの交換がビックリするほど簡単でパックをいれてボタンを押すだけ!何かにハメたり固定したりすることはなく、自動で出てくるニードルがプスリとパックに刺さって給水が始まるのです!

さらに、ボタンを押すだけで簡単クリーニングをしてくれます!バナジウムの含有量もトップクラスでお水のタンクもエアレスタイプ!1パックの重量が小さく7.2リットルです。パックの交換が簡単。

フレシャスウォーターサーバー

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

お水代:
2052円(12リットル)
2L換算 / 342円
1L換算 / 171円
500ml換算 / 85.5円

お水の特徴:
天然水・pH8.3(弱アルカリ性)・軟水

タンクタイプ:
軟質素材(縮むやつ)・使い捨て

バナジウム:
9.1μg(マイクログラム)/100ml

冷水 温水:5℃・85℃

プレミアムウォーターのポイント

バナジウムの含有量、エアレスパック、冷水温度などウォーターサーバーのポイントをしっかり押さえた安定したウォーターサーバーです

プレミアムウォーター

 

まとめ

正直、どこも同じような感じです。お水の種類も大きく変わることはありませんので、どこを選んでも満足することは出来ると思います。強いて違いを求めるならメンテナンス・清潔さを高める仕組みであるかです。

それが給水タンクの形状(縮むタイプ)や自動クリーニングなどの部分。安心して美味しいお水が飲みたいですからね~。

価格の部分を気にするなら、ペットボトルを買って冷蔵庫で冷やしていたほうがお得です!ウォーターサーバーだとペットボトルの3倍くらいの価格になっちゃいます。

アサヒ飲料 富士山のバナジウム天然水 2L×6本

 

めがねくまひげとお友達になってください!

FacebookやTwitterをやっています!日々きになる何かを調べて呟いてたり、ロードバイクにハマってるので自転車乗りさんも是非、下のボタンでお友達になって下さいm(__)m

めがねくまひげです
@meganekumahige
どうも、めがねくまひげです!メガネを掛けた髭面でございます。たまにコンタクト、髭も剃ったりします。ロードバイクに目覚めて日々走るも1グラムも痩せる気配がない、デブのサラブレットです。筋トレも始めてさらにワンサイズアップ!
よく検索されてる記事