男性でもきれいな美肌になる方法!これで30代でも1ヶ月半で美肌になれる!

男性でもきれいな美肌になる方法!これで30代でも1ヶ月半で美肌になれる!

男性でも簡単に美肌を作る方法をまとめました!1ヶ月~1ヶ月半で美肌になれます。綺麗な肌を手に入れるために必要な情報を余すこと無くご紹介!
 

最近は男性も美肌を求められる生きにくい世の中になりましたが、美肌と言われても何だかよく分からない!でも、意外と簡単に綺麗な肌は手に入れられそうです。

そんな綺麗な肌になるための方法をまとめました!

 

綺麗な肌を作る方法

肌の悩みは色いろあると思いますが、原因別に対策を考えると大変な情報量になるので、まずは綺麗な肌を作る基礎を知りましょう!

食事について

人の体は食べたもので作られていますので、食べ物や飲み物は重要な要素です。何を食べて、何を食べてはいけないのか簡単にまとめます。

食事のルール

美肌を作るのは食べ物

食事は軽め。胃腸を休めるような食生活が大切です。胃腸の不健康は肌にすぐ現れます。

胃腸に優しい食生活は、脂や糖分(炭水化物)、刺激物は控えて、消化に良い食べ物を選びましょう。

糖分や塩分、健康に悪い油は、皮膚の炎症を起こす原因にもなりますのでファストフードなどにも注意して下さい。

ビタミンやミネラル、良質な油

ビタミンと良質な脂は肌に良い

肌はたんぱく質で作られるので、良質なたんぱく質。代謝や体を作る要素であるビタミン・ミネラルを十分摂ることが必須です。

ビタミンを摂るなら、特にビタミンB2、B6を摂取するように心がけましょう。ビタミンB群は代謝に深く関わるビタミンで肌のターンオーバーに役立ちます。

  • ビタミンB2は、お肉のレバー、ウナギ、ワカメ、煎茶、抹茶、青ノリ
  • ビタミンB6は、マグロ、カツオ、ニンニク、銀杏、ピスタチオ

オリーブオイルは肌に良い脂

それに加えて、良質な油を摂ることも忘れてはいけません。油が不足すると肌の乾燥の原因に繋がります。

食べる良質な油のオススメは、オリーブオイル!色々と種類があるので「おすすめのオリーブオイルと品質の見分け方について!」を読んでみてください。

オリーブオイルなら毎日50g前後は最低摂取して下さい。

肌につける油のオススメは、ホホバオイル。砂漠地帯に生息するホホバという植物から採れるオイルで、保湿性に優れた低刺激の植物オイルです。

その他、皮膚の病気やシワ対策に力を持つβグルカンを多く含むマイタケ(きのこ)がおすすめ!他のキノコ類より多くβグルカンが含まれたキノコです!

飲み物・水分について

身体の70%は水分で出来ているので、肌にとっても水分は非常に重要な要素です。水分不足は、肌がカサついたり脂過多になる原因になります。

ただ座っているだけでも1日に3リットルの水分が失われています。(排泄や汗、呼吸など)食事などで摂れる水分では失う水分を補うことは出来ません。

何を飲めばいいのか

水が意外にも美肌には大切なんです

身体の水分を補うためには、「水・ミネラルウォーター」がおすすめ!炭酸水もOK!胃腸の働きを促進させるので、炭酸水は食事のときがオススメ!

糖分やカフェインが入った飲み物だと肌作りの妨げになります。

量はどのくらいで、タイミングはいつ飲めばいいのか

1日の飲む量と1回の飲む量

  • 1日に飲む量は「1.5~2リットル」
  • 1回に飲む量は、身体に吸収されやすい250ml程度

水を飲むタイミング

  • 寝起き
  • 朝・昼・夜の食事のとき
  • お風呂あがり

飲み過ぎは逆に脱水を引き起こす(多尿や下痢)原因にもなるので適度に飲むことが重要。

こまめに飲むことがベストですが、億劫になって飲まなくなるよりは、食事のときは500mlにするなど継続できるように調整しましょう。

運動・ストレスについて

ストレスや睡眠不足は避けるは鉄則です。仕事や環境的に難しくても避けなくてはなりません、これが避けられないなら綺麗な肌の最大のハードルになるやもしれません。ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの異常はスグに肌に現れます。

運動はストレス解消程度に。発汗は老廃物を外に出す効果があるので、本気でやるなら軽い運動を20分程度続けられると、さらに良いでしょう。運動後は身体の汚れをしっかり落として清潔に保つことも重要です。

ニキビの対策

綺麗な肌でも1点だけポツンと現れるニキビは厄介ですね。ニキビの箇所によって原因があったりするんです。

また、ニキビが上半身に多い理由は、熱の溜まり易さが原因なのです。ニキビは老廃物と余計な熱によって出来るため、熱が溜まりやすい上半身にニキビが出来やすいのです。

おでこ

前髪がある人なら、前髪の汚れが原因であることが多いです。またシャンプーのすすぎ残しもあるかもしれません。
胃腸の不調でも現れます。

多くの場合は、毛穴のつまりです。また、鼻を触りすぎることで肌が傷んだり汚れてニキビになることもあります。
肝臓や大腸、肺の不調でも現れます。

糖質・脂質の摂り過ぎが原因だったり、男性ホルモンによる影響もあります。
胃腸の荒れ、便秘・肝機能障害でも現れます。

口のまわり

胃腸の不調、ビタミン不足

あご

男性ホルモンの影響や寝不足、ストレス、体の冷えでも現れます。

ホルモンバランスの崩れ、乾燥
ホルモンバランスの崩れは肩こりなども引き起こす原因になるので、肩がこっている人は要注意

生活や栄養が整っていても、服の汚れや、寝具の汚れでもニキビになりやすくなるので、普段、肌に触れるものが汚れていないか見直しましょう。

 

洗顔の回数や方法

洗顔は美肌の近道

洗顔料を使う時のポイントとして、自分に合っているかを考えましょう。

男性用と女性用で商品が分かれていますが、その違いは、脂を洗い流す力の差。女性用はマイルドに作られているので、敏感肌などの人は男性でも女性用を使いましょう。

洗顔するとき、よく泡立てて下さいと言われますが、その理由は肌を傷つけず効率よく毛穴の汚れをとるためなのです。
泡立てが弱いと毛穴よりも洗顔成分が大きく毛穴の汚れをとることが難しくなります。表面がつるつるでも毛穴に汚れが残っていれば、肌の新陳代謝は滞り綺麗な肌にはなりません。

 

めがねくまひげとお友達になってください!

FacebookやTwitterをやっています!日々きになる何かを調べて呟いてたり、ロードバイクにハマってるので自転車乗りさんも是非、下のボタンでお友達になって下さいm(__)m

めがねくまひげです
@meganekumahige
どうも、めがねくまひげです!メガネを掛けた髭面でございます。たまにコンタクト、髭も剃ったりします。ロードバイクに目覚めて日々走るも1グラムも痩せる気配がない、デブのサラブレットです。筋トレも始めてさらにワンサイズアップ!
よく検索されてる記事